クリニック情報です

クリニックの受付について

良いクリニックの条件は受付がしっかりしている事。元気になるような雰囲気を持てる受付が良いですね。

受付は病院の顔です。しっかりとした受付対応が出来るクリニックが良いですね。

外来受付

病院らしくないようなが依頼受付も良いです。敷居が低くて馴染みのある外来であれば患者さんも気安くなるのではないでしょうか?

リハビリ休憩

病院の休憩室も実は大事です。患者さんや訪問者さんが癒されるリハビリ休憩があれななお良いですね。

理念

職員が働きたい・働いて良かったと思えるクリニックが良いですね。やはりしっかりとした地域医療を展開したクリニックであればなお良いです。

クリニックというと風邪を引いた時や歯が痛いときなど、その時の異常に応じて気軽に行くことができる病院、という認識です。
そんなクリニックについて、知っておきたいことをチェックしてみましょう。

日曜日診察のクリニックもある!?

病院というと土日祝日はお休み、だから当番病院で半日かけて治療を受けるか、月曜日まで我慢するか、ということもあります。
しかし最近は時代のニーズに応えてか、日曜祝日診療、早朝あるいは夜間診療のクリニックが増えています。

まだそこまでたくさんあるわけではありませんが、緊急で診てもらいたいという時は大変助かります。
その代わり平日がお休み、昼から夜中までの診察、早朝から昼までの診察、夜間診療は週2日だけなどというクリニックも多いので確認が必要です。
インターネットで地域名と日曜診療などと検索すれば自宅近くにあるかどうかも分かるでしょう。

診療明細の見方

会計の時にもらうのが診療明細書という、どの検査や治療に何点かかっているのかということが書かれた紙です。
領収書と一緒にもらうことが多いでしょう。
病院では何をしたら何点かかる、という診療報酬点数が決められています。
自由診療の場合はクリニックが勝手に決めることもありますが、血液検査やインフルエンザの検査などは点数が一律で決められているのです。


初診料は282点と決まっており、処方箋が出る場合は抗不安剤などの特定薬3種類以上なら30点などといった処方箋料などがあり、すべて1点10円の計算です。
そうすると初診料だけで2820円もかかると思ってしまいますが、保険が適用されれば3割負担ですから実際には850円なのです。
病院はこの点数を計算して7割を国に請求します。


国によっては病気の種類によって点数が決まる制度を取り入れているところもあるようです。
しかしクリニックの中には不要な検査をして点数を稼ぐというところもありますので、病気に対して正しい検査を行い、患者の同意を求める医師がいるクリニックの方が安心かもしれません。

クリニックの経営方針は院長によるところが大きいと言いますが、クリニックの良しあしを判断するのは患者です。
受付から診察、会計まで一連の流れの中で、クリニックが自分に合っているかどうかも見ていかなければならないのかもしれません。